読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シキサワノブログ

読書、ニュース、漫画、プロ野球、Jリーグ、映画、日常のことについて書いていきます。

君の名は。

ようやく時間ができたので、話題の映画を観てきました。

 

君の名は。

 

感想:かなり面白かった。ラストはなんかもう感動してしまった。アレ?これもしかして二人再会せずに終わる流れ?とも一瞬思っただけにベタな展開なラストも何というか心に来た。清々しいような気分になる映画だった。

 

ネタばれ?大丈夫だ。この程度ネタバレでも何でもない。もうすでにかなりの人が観ている映画だと思うけど、これからの人は2時間弱の時間を映画館の座席に座ってもらいたい。全編見たうえでのあのラスト、あの2人の最後のセリフはほんといい。

 

前半は体の入れ替わった2人のそれぞれの動揺とお互いの生活を守るための協力体制の構築までをコメディタッチで描いている。後半のシリアスな展開とは対照的に明るい雰囲気だ。そして物語の核心に迫る後半は徐々に重い暗い雰囲気になる。物語の中の天気も雨だったりする。

 

2人の主人公の入れ替わり。しかも場所も別々なところにいるので、時間軸(視点)が目まぐるしく入れ替わります。ん?今はどっちがどっちだ?と思うこともあります。

 

新海誠監督のアニメは「星を追う子ども」に次いで2作目の鑑賞だ。もう何年も前のことなので内容はうろ覚えだが、確か「星を追う子供」も何かを探して旅をする物語だったと思う。今作も同様に主人公が旅に出るシーンがあります。新海作品に共通するテーマなのでしょうか。

 

家の戸、または電車のドアなどが閉まるシーンが何度も出てきます。なんというか間をとるようなカットなのでしょうか。とにかく何回もありましたね。

 

何回もあるといえば、RADWIMPSの曲も何回も流れます。特に前前前世がいいですね。お気に入りです。

 

関連書籍も出ているようなので、買ってみようかな。