シキサワノブログ

読書、ニュース、漫画、プロ野球、Jリーグ、映画、日常のことについて書いていきます。

ブラックラグーン10

昨日ヨルムンガンドのことを書いて、懐かしくなったのでブラックラグーンも久しぶりに読んでみました。ほんとこういうアクション物は好きです。

 

日本のサラリーマン岡島禄郎は会社に見捨てられ、命を狙われたところを運び屋ラグーン商会に拾われる。ラグーン商会の面々と行動を共にし犯罪都市ロアナプラで裏社会に生きるとこととなる。

久しぶりの単行本となったこの10巻。偽札事件のときのお騒がせ女ジェーンが再びロアナプラを訪れるところから物語は始まる。

ジェーンの連れフォンを中心にいつも通りの大騒動に発展していく。

 

ヨルムンガンドもそうでしたが、この手の裏社会ガンアクション作品は、登場人物たちのセリフがいい。自分たちの人生を言葉で語る。そんな気がします。ブラックラグーンもいいセリフがたくさん出てきます。


ブラックラグーン名言集 - NAVER まとめ